夕焼け

こんばんはkimです。

日が沈んでくるとホテルのフロントに西日が射しこんできます。

その日は真っ赤に染まった夕焼けがとても綺麗な日でした。

そんな会話をスタッフとしていたら、写真を撮ってブログにアップしようと思いました。

何故か真っ赤な夕焼けを見ると写真を撮りたくなるんですよね。

インターネットの画像検索でも夕焼けの画像はたくさんあるので、共感できる方は多いかと思います。

空を見ていて夕焼けは何故赤く染まるのか?

気になったので調べてみました。

人間が見える太陽光には7色あります。

虹の色ですね。

それぞれ色には波長の長さがあって、虹でいうと内側の紫色が最も短くて、外側にいくにつれ長くなります。

夕暮れになると太陽が遠くなるので、短い波長は途中で拡散してしまい、届きにくくなります。

その結果波長の長い赤色やオレンジ色の光が多く届くようになり、空が赤く染まるというわけです。

ちなみに7色全ての波長が重なると、ほぼ白く見えるそうですよ。

目に見えない波長もあって、紫色より短い波長を紫外線、赤より長い波長を赤外線といいます。

調べていて興味が湧いてきて楽しかったです。

その後に見た空は今までとは、少し違って見えました。

kim
カテゴリー: 日記, 石巻のこと タグ: , , , , ,