名探偵kim ~下巻~

こんばんはkimです。

 

上巻はこちら

 

中巻はこちら

 

 

警察にお願いすると決めたのですが、苦渋の決断でした。

警察の場合、動物でも拾得物扱いになります。生き物が「物」と同じ扱いになるのです。

なんか冷たいですよね。

正直嫌なのですが、明日から週末となれば頼れる所は少なくなります。

 

飼い主も探すのであれば警察に問い合わせると思いますし個人的な感情で物事を考えている場合ではなかったです。

 

翌朝、警察に連絡をして引き取ってもらいました。

ただし見つからない場合は保健所行きになるため、見つからなかった場合は引き取ることにしました。

 

それからずっと頭から離れず心配でした。

 

1時間程、落ち着きなく何もせずにいたら携帯に着信が入りました。

 

警察から飼い主が見つかったと連絡がありました。

風船が萎むようにスゥーと全身の力が抜けました。

 

飼い主からも電話があり、近い所に住んでいたので会いに行きました。

行くとシッポを振って元気にお出迎えしてくれました。

 

飼い主ともたくさんお喋りができて楽しい時間を過ごせました。

 

今回は結果オーライでよかったです。

いいことをするととても気持ちがいいですね。

 

ただ、あの子と出会った場所を通るたびに、ちょっぴり寂しくなるのでした。

 

 

kim
カテゴリー: 日記