お気に入りの本

こんばんはHIROです。

 

小学2年生の娘が寝るときにたまに本を読んであげます。ですがいつも同じ本を読んでくれと言われます。何回も読んで内容も分かっていますし、面白くないんじゃないかなぁと思うのですが「娘はお気に入りだから何回読んでも面白い」と言います。好きな物・愛着がある物とはそういうものなのですよね。

 

おしり探偵ですが・・・

父親にとっても娘と仲良く過ごせるちょっとの時間が素直に嬉しかったりします。普段はうるさいですが寝顔は可愛いもんです。

HIRO
カテゴリー: 日記 タグ: , ,