タイヤ交換~間違いとクレーム~

こんばんはkimです。

 

いよいよ雪が降る季節となってきました。

宮城では岩手と県境にある栗原市の駒ノ湯(コマノユ)で雪が降りました。

 

海沿いで雪が降りにくい石巻市ではまだ降雪が確認されていません。

天気予報では12月8日(土)で一応雪マークがついています。

そのため知り合いの車屋に聞いたところ今がタイヤ交換のピークだそうです。

こういうときに知り合いの車屋がいると助かりますね。

休みの日にスケジュールを合せて、タイヤ交換をしてもらえることになりました。

 

~タイヤ交換当日~

車屋に車を預けて休憩スペースでタイヤ交換が終わるのを待ちます。

『これで一安心だ』

そう思っていたら・・・

『あのぉ~ちょっといいですか?』

知り合いの車屋が困った顔で声を掛けてきました。

『どうしたんです?』

すかさず返事をすると、

『ホイールの穴が合わないですよ・・・車業界の人なら間違うはずないので・・・ご自身で購入したんですか?』

実はこのタイヤは今年車を購入した際にサービスしてもらったタイヤなのです。

『いや。カーショップでサービスしてもらったタイヤなので確認してみます。』

すぐカーショップに確認してみると

『間違うはずはないのですが・・・早急に調べて折り返します。』

とのこと。

車業界の人なら間違えないレベルだそうで、私も前の車のタイヤだっけと自分を疑ってしまいました。

それからすぐにカーショップから電話がきて

『申し訳ありません。なにかの手違いで間違ってしまいました。』

お詫びとして次の休みに無料でホイールとタイヤ交換をしてくれることになりました。

そこまでしてもらうと逆にこっちが申し訳なくなりますね。

一番迷惑をかけてのは知り合いの車屋です。

予定を合せてくれたのにほんとうに申し訳なかったです。

それなのに車屋の知り合いには、

『kimさん大変な目に合いましたね。工賃はいいですよ。』と神対応でした。

そんな対応されたら気持ちがいいです。

その後、車屋のスタッフ全員に温かいコーヒーを買っていきました。

 

誰にでも間違いはありますが、

今回のように『間違いようがない』ことでも間違ってしまうのが人間なのだなと思いました。

相手の間違いにたいして考え方が変わって、少し優しくなれたような気がした出来事でした。

 

 

 

kim
カテゴリー: 日記