昨年を振り返ってみたら

こんばんはkimです。

 

皆さま、新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

昨年を振り返っていたのですが、1番に感じたことがあります。

それはあっという間な1年だったということです。

あっという間というか一瞬のように感じます。

だんだん時の流れが早くなると言いますがその通りだということです。

 

時の流れが早いのは決して悪いことではないです。

気がかりなのは、よく言われる『だんだん早くなる』ということです。

 

とある有名な話では、

心理的な時の流れは『50歳と5歳では10倍違う』といいます。

また『0歳~20歳』と『21歳~80歳』は体感時間だと同じくらいの長さと言われています。

あくまでも『心理的な』話です。

加齢により『新鮮味がなくなる』『繰り返すことが多くなるから』などがあるようです。

 

まさに今の私は『新鮮味』がなく毎日『同じことの繰り返し』だと感じました。

ある意味順当なのかもしれません。

 

今年は例年と一味違う1年にしたいです。

それには『新鮮味』のある『繰り返しにならない』生活を送りたいと思いました。

『新鮮味』・・・新しいことにチャレンジしてみようかなと思います。

『繰り返し』・・たまには違うことをしてみます。

曖昧な状態ですが、とにかく意識して生活していこうと思います。

 

こうやって充実した1年を送ろうと決めました。

充実できた1年になったら逆にあっという間になったりして・・・

それはそれで意味もなく長い時間を過ごすよりいいです。

体感時間なんて関係なく、要は充実した1年を過ごすことが大切なのだと感じさせられました。

 

kim
カテゴリー: 日記