ゾッとする話し

みなさまこんばんは。shibaです。

 

今日はタイトルにあるようにゾッとした話しをしたいと思います。

 

私が通勤の為、夜の大街道を車で走っていた時の事です。

進行方向の信号機が黄色から赤に変わったため車を停車させます。ごく普通のT字路での信号待ちです。

その時向かい側の歩道をかなり早いペースで走る中学生ぐらいの少年が見えました。

 

ジョギング中ですかね。それは別にいいんですよ。それは。

ただその少年は私の向かい側(反対車線の歩道)から来ています。私は信号待ち中。つまりその少年が走っている

横断歩道の信号も赤です。(点滅じゃなく完全な赤)

 

それを見ていた時ゾッとしました。少年は横断歩道の直前でもスピードを落とそうとしませんでしたから。

普段走っていたのですぐ分かりました。停まれる早さじゃない。信号を無視するつもりだと。

 

予想通り少年は信号を無視しました。そして予想通り車が出てきました。

 

…幸いなことに車も飛び出すように出るのではなく、徐行気味に出てきたのでブレーキが間に合い最悪の事態は

回避出来ました。少年は悪びれる様子もなく走り去っていきましたが…。

 

これ免許をお持ちの方なら分かると思いますが本当にゾッとしますよね。自分はルールを守って車を走らせて

いても、人と事故を起こしてしまった場合、ほぼ間違いなくドライバーが過失を負ってしまいます。

もし最悪の事態になってしまったら…。一生そのことを背負って生きて行かなくてはいけませんし。

 

最近暗くなるのも早くなってきました。みなさまも安全運転に努めましょう‼

 

それではまた(=゚ω゚)ノ

shiba

 

カテゴリー: スタッフ