胃がん検診②

こんばんはkimです。

 

前回投降した『健康診断』の続編になります。

 

初めてのバリウム検査。

そこには4つの関門がありました。

 

第1関門「空腹」

前日の20時以降は何も食べないこと。

私の場合は夜勤明けに行くため夜中と朝の2食抜きです。

 

腹が減っては戦ができぬ。

 

 

第2関門「待ち時間」

「空腹」と合わさって辛いです。

関門としてはイージー。

 

第3関門「発泡剤」

コーラを一気飲みしてゲップをせずに山手線の駅名を言うに挑戦したら

コーラをッゲヴォ~ってなります。

タイトルを言うことすら無理です。

 

ゲップをすると、もう一袋サービスよ♡

 

 

第4関門じゃなかった「バリウム」

不味いと聞いていたのですが、イチゴヨーグルトのような味でした。

美味!

 

第4関門「検査機」

機械に身をゆだねるのですが、いろんな方向に動きます。自身もアナウンスに従って何回も回ります。

踏ん張り棒のようなものがありますが頭を下にした状態で斜めに傾くので落ちそうになります。

ゲップを我慢しつつ力むの無理じゃ!

 

結果!

バリウム検査は、みんなが言うとおり大変(嫌)だということです。

個人的には、第3関門「発泡剤」が最も厳しい関門でした。

 

 

日本人は他の国と比べとても胃がんになりやすいそうです。

バリウム検査は大変ですが、異常がないか知ることは大切ですね。

 

結果が出るのが待ち遠しいです。

 

 

kim
カテゴリー: スタッフ, 地元情報, 日記