継続中

こんばんはkimです。

 

ここのところ読書をテーマにしたブログを投稿しています。

投稿して2週間が経過しました。いつもだと、そろそろ飽きてくる時期です。

‘‘いつもだと”

今回は順調に読書を継続しています。

 

読書を始めてお気に入りの場所ができました。

それは晴れた日に、窓の縁に寄りかかって立ち読みをすることです。

ぱっと見、知的に見えますね。

ただの読書初心者です。

実際のところは、見栄えがカッコいいからって理由ではないです。

日向ぼっこしながら読書をすると、頭も冴えてきて気持ちがいいです。

日光浴はビタミンDが、なんちゃらかんちゃらで健康にいいみたいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は川口俊和さんの『思い出が消えないうちに』を読んでいます。

とある喫茶店のある席で、コーヒーを淹れてから冷めるまでの間、過去(未来)の会いたい人に会うことができる。

まるで夢のようなお話。

そこにはいくつものルールがあります。

【滞在時間はコーヒーを淹れてから冷めるまでの間だけ】

【冷める前にコーヒーを飲み切らなければならない】

【席から離れてはいけない】

などなど・・・

中でも印象的なのは、

【何をしても未来(過去)は変わらない】

過去(未来)に行こうとする人たちの目的は、それによって打ち砕かれます。

ルールを聞いて諦める人が大半の中、それでも会いに行く人たちを描いた物語です。

 

お気に入りは、第2話「『幸せか?』と聞けなかった芸人の話です」

お笑いコンビ『ポロンドロン』の轟木と林田を陰で支えた瀬津子の物語です。

この3人は中学からの親友で轟木と瀬津子は夫婦です。

ポロンドロンの下積み時代は、瀬津子が水商売をしてまで生計を立てていました。

そんな瀬津子の夢は≪ポロンドロンがお笑いグランプリを受賞すること≫なのです。

ですが、その夢は叶うことなく瀬津子は亡くなってしまいます。

瀬津子が亡くなる少し前に轟木と瀬津子は婚約をしていました。

生きる希望を失った轟木を支えたのは、瀬津子の夢を叶えてやるという思いでした。

それからの轟木は鬼気迫る勢いで、お笑いに打ち込みます。

そして5年後、念願のお笑いグランプリを受賞することができたのです。

 

 

過去へ戻り、妻に報告をしようとする轟木。

それを何故か必死に阻止しようとする林田。

それぞれの想いがとてもわかりやすく書かれています。

 

結末は涙が出そうになりました。

読み終わって読書って楽しいなって初めて思いました。

 

 

 

kim
カテゴリー: スタッフ, ホットインのこと, 日記 タグ: , , , ,