お墓参り

お墓参りに行ってきました。

姉も子ども達を連れて帰省していたので、

実家はいつも以上に賑やかになっていて

5才と2才になる姉の息子達は

仮設住宅の中を元気よく走り回っていました。

 

私が来ると、

長男『kimおんちゃんだぁ』

次男『kimおんちゃん!kimおんちゃん!』

久しぶりに会う私にも、膝の上にのったり、抱っこをおねだりしてきたりと

姉の息子達はとても人懐っこく、かわいい。

 

1時間程近況の話をした後家族みんなでお墓参りをしました。

道中、

おじいさんが『オラ(お墓に)入っても、毎年来いよ。来ないと化けで出っからな』と冗談を言えば

私が『やんたっちゃ!出てきたら塩投げでやっから』と冗談を言い返し

みんなで笑いながら向かいました。

 

お墓に着くと花や果物などたくさんのお供え物、花立に入りきらない程の花が飾られていました。

石巻市から車で4~50分、山を走った先にある数百人程の集落にあるkim家のお墓

それでも私を含め親戚の方々もみんな毎年来ているようで、嬉しかった。

ご先祖様には毎年1つ願いを聞いてもらっています。

かれこれ10年以上同じ内容で、ご先祖様は聞き飽きてないか心配になります。

もし聞き飽きていたら、ごめんなさい。

 

夕方久しぶりに実家での夕食

夕食メニューはアナゴの塩焼きと野菜炒めに味噌汁

旬のアナゴは最高に美味しい

でも震災後kim家は漁師を辞めている・・・

姉や私が来るから知り合いからもらってきてくれたそうだ

私は平静を装って『ハモ(アナゴ)うめぇ~』なんて言ったが

『ありがとう』とは口に出せなかった。

食事は6人用テーブルなのに何故か全員(8人)で食べました。

みんな久しぶりだから一緒に話ながら食べたかったんだと思う。

狭かったけど実家特有の濃いめな味付けと騒がしい食卓はとても懐かしかった。

楽しく懐かしい時間と旬のアナゴに美味しい料理、

ありがとうございました。

家族にお礼は恥ずかしくてとても言えないのでここに載せます。

 

お客様との会話でもたまに『家族に会いたい』といった声や

『食料』と書かれた荷物が送らってくることがあります。

家族って不思議なパワーがあると私は思います。

誰かを想う気持ちや誰かの為に何かをするって大事ですよね。

それを感じさせてくれたり、教えてくれるのは家族なんだなって思います。

だからこそ家族には元気で長生きしてほしい。

ご先祖様がしっかり守ってくれるはずです。

聞き飽きるほど聞いているはずだから。

 

 

 

kim
カテゴリー: 日記