猫の島♪

皆さまこんにちは、ホットイン石巻スタッフMaiです(●´ω`●)

先日仕事あがりに、おばあちゃん家に遊びにいってきました!

そしたらなんと、おばあちゃん家の猫がお嫁さんを連れてきたらしく、家族が増えていたのです!笑

 

ねこ

 

大きくなっても可愛いのですが、子猫ってさらに愛くるしいですよね( *´艸`)♡

猫ちゃん好きにはたまりません!!

 

 

 

そんな猫好きには夢のような『猫の島』が石巻にあるのですか、皆さまはご存じですか??

その名も【田代島~たしろじま~】

宮城県石巻市に属す、周囲11.5km程の小さな島。。。

人口はおよそ60人高齢化率は80%平均年齢71歳の限界集落と言われるその島は

南三陸金華山国定公園に指定され、雄大で豊かな自然がそのままに残る島です!

 

 

なぜこの島は『猫の島』と言われているのか・・・

それは昔々から伝わる伝説が関係していたのです。

 

------------

田代島では、かつて蚕養殖がおこなわれており、蚕の天敵であるネズミを駆除する猫が飼われていました。

また蚕養殖のほかにも漁業が盛んで、漁師の作業小屋に食べ残しを求めて飼われていた猫たちがあつまり

漁師と猫たちとの関係が密になり、次第に猫の行動で天候をみるなどして、互いに共存していたそうです。

(猫が顔を洗うと雨が降る!というのは、こういうことが繋がっているのかもしれませんね)

 

ある日、漁師が漁をするために大きな岩を採取していたところ、崩れた大岩が一匹のネコに当たり

このネコが死んでしまいました。

これに心を痛めた漁師がその死んだ猫を葬ったところ、大漁が続き、海難事故もなくなったとそうです。

そのため、葬られた猫は猫神様となり、島内では猫が大切にされるようになったそうです!!

------------

 

今では島の人口よりも多くの猫が住んでおり、今でも島の人々と仲良く共存しています。

しかし4年前に起きた東日本大震災で、家屋はもちろん漁場も大変な被害を受けた田代島。。。

多くのボランティアの方々や地元住民の力で、今では漁場を開けるほどに復興し

観光業にも力をいれて積極的に前へ歩んでいます!

そのおかげか、この多くの猫を目的に県外からはもちろん、海外からも多くの観光客が

島に集まるようになったそうです!!

 

 

私も学生時代に合宿で田代島に行った経験がありますが・・・

本当に猫がいっぱいいます!!また、昔ながらの人の温かさが残る島でした♪

猫好きも、そうでない人も一度足を運んでみてはいかがでしょうか(*’ω’*)/

 

 

そして、ぜひ石巻にきたときはホットイン石巻にご宿泊ください!!

一泊のご宿泊でも、お客様が心よりくつろげる空間を提供できるように、スタッフ一同努めております!

 

 

 

Mai
カテゴリー: スタッフ, ホットインのこと, 石巻のこと, 観光